島村楽器 梅田ロフト店 シマブロ

島村楽器 梅田ロフト店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

岡 聡志 Guitar Technique & Sound Make Seminar /Private Lesson開催レポート!!

みなさんこんにちは!梅田ロフト店ギター担当の久保です!!
今回は、2017/07/23に開催致しました岡聡志さんのセミナーのレポートを御紹介いたします!!

f:id:shima_c_umeda:20170608223414j:plain

ちなみに岡さんをご存知ないお客様は、下記のプロフィールをチェックください!!

岡 聡志

f:id:shima_c_umeda:20170608223211j:plain
三重県出身。高校卒業後、上京と共にESPギタークラフトアカデミーへ入学、1年間ギター制作を勉強した後 MI JAPAN東京校に入学。
在学中にGuitar Magazine Championship 2012及びGIT Masters 2012にて最優秀賞を獲得。
それを期にプロとしての活動をスタートさせる、現在はギタリストグループのG.O.D.をはじめ、
アーティストのライブサポートやレコーディング、セッションライブなどの活動も行っている。

前半パート Helixを使ったサウンドメイク術!

前半パートはHelixでの音作りを学びます。
岡さんは今、Helixのフロアタイプを使用されていて、これ一台でほぼこなされているようです。

f:id:shima_c_umeda:20170802005127j:plain

ちなみに今回のセミナーではあえて触れませんでしたが、このような筐体の簡略化、およびマイクプリを取り除く等、ギターの音作り面には全く影響が出ない範囲でコストパフォーマンス化を図ったモデルのHelix LTもございます。
f:id:shima_c_umeda:20170802005116j:plain

ギターは今回MayonesのLegendと、StrandbergのBoden OS 8を持ってこられていました。
まずはLegendを使ってセミナー開始。

f:id:shima_c_umeda:20170802003220j:plain

とにかく、技術が卓越しすぎていて久保は常に開いた口が塞がらない状態でした、、、笑
右手も左手も激ウマで、そこに非常に感情豊かで繊細なアーミングが加わることにより、もはやサウンドは芸術の域に達していました。

f:id:shima_c_umeda:20170802003152j:plain

今回ご紹介したHelixですが、最新のマルチプロセッサー/マルチエフェクターとして注目を浴びていますが、プロがこぞって使うのも頷ける出音のクオリティ。
モニターに映し出しながらセミナーを進めます。
デジタルサウンドとは思えないアンプモデリングのサウンドや、高bitレートの空間系エフェクトは、まさしくこれ一台で足元が完結してしまうほど。。。

f:id:shima_c_umeda:20170802003226j:plain

特に、会場にいらっしゃった皆様はご体感していただきましたが、Helixを使ったクリスタルトーンは、おそらくどんなギタリストが聞いてもやみつきになるサウンドでした。

f:id:shima_c_umeda:20170802003214j:plain
f:id:shima_c_umeda:20170802003200j:plain

その後はStrandbergの持ち替えて少し演奏。
ん〜8限でも6限を引いているかのごとく滑らかな演奏、、、プロってすごいですねぇ、、、、。

ここで今回岡さんに教えていただいたマル秘テクを少しご紹介。

IR(Impulse Resonanse)

Helixですが、ご存知の方も多いかもしれませんが、IR(Impulse Response)をロードすることができます。IR?なにそれ?という方は、こちらのURLをご覧ください。LINE 6 ジャパンが簡単に説明してくれています。IRって一体何? | ブログ – Line 6 Japan

ざっくり言ってしまうと、「あのキャビネットの音にめちゃくちゃ近いプリセット」がHelix内で使用できるということです。
岡さんは、通常のスピーカーシミュレーターとIRをHelix内で並列に繋いで使用されていました。
これがかなりキモのようで、通常のIRだけだと高音域の再生具合が少し弱く、そこをシミュレーターを半分ずつ補うことで、より生っぽく再現することが可能になったとのこと。
確かに、IRだけ/シミュレーターだけ/両方 で比べてもらうと、全然違う!!

すでにお持ちの方はぜひお試しください。色々フリーのIRもダウンロードできるようですね!

空間系並列派?直列派?

岡さんが今回演奏されていたプリセットでは、コーラスとディレイ共に直列2重かけで組んでらっしゃいました。並列にしてMix具合をコントロールし、いい具合にアンビエントな感じにするのもモチロン最高なんですが、直列にして繋いでも非常に素晴らしくかかります。
ポイントは、並列接続時と同じく、前後両方の空間系のエフェクトのMixバランスと、ボリュームバランス。特にディレイはここがミソのようで、Timeを150msずらし、お互いのボリュームバランスを、どちらかの音量だけ浮き出てこないように調節してあげること。
こうすることで、リヴァーブを接続していないのに、非常にアンビエントで壮大なトーンを作ることが出来るようです。もちろんリヴァーブ併用も最高なので、並列直列同様にそこはアンサンブルで馴染みやすい方をチョイスするといいですね!

後半はベーシストの「かまぼこ氏」をお招きしてセッションしながら奏法セミナー!

f:id:shima_c_umeda:20170802003232j:plain

Helixの解説が思いのほか弾み、やや時間が押し気味で奏法セミナーに入ります笑
後半は実力派若手ベーシストの「かまぼこ氏」をお招きしてセッション形式の奏法セミナー!

f:id:shima_c_umeda:20170802003122j:plain

かまぼこ氏と岡さんで交互にソロパートとリズムパートを回しながらセッション!
お二人共超絶な腕前の持ち主ですので、奏法解説が始まる前の段階で既に一ライブ見終わったかのような充実感・・・笑

セッションを複数回はさんで、各セッションが終了する毎に質問タイムを設けて、ご参加者様より質問をうける流れでした。


以上、駆け足にはなりましたが、岡 聡志 Guitar Technique & Sound Make Seminar /Private Lesson開催レポートでした!
本当に岡さんのセミナー受けるとHelixがいかにすごい機材で、どれだけ扱いやすいかが本当に伝わります・・・!
今回参加出来なかった方は是非、次回開催時はご参加下さいね!!
かまぼこ氏もまた来るかも・・・!?

それでは、さようなら~~!!^^

この記事に関するお問い合わせ
店舗 梅田ロフト店
TEL 06-6292-7905
担当 久保
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.