読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 梅田ロフト店 シマブロ

島村楽器 梅田ロフト店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ボカロP南の宅録話~API500モジュール、高価なマイクプリアンプを試す~

こんにちは。スタッフの南です。

今日はアンブレラカンパニー様よりお借りしたAPI500互換モジュールをご紹介したいと思います。

そもそもAPI500ってなに?

米国APIオーディオ社のミキシングコンソールで用いられていた500番台の型番が付けられていたマイクプリアンプイコライザーなどのモジュールの規格を指す。

元はミキシングコンソール用のモジュールであるが、単独でも使用できるように「ランチボックス」タイプのフレームも準備されており、オーディオ処理用のモジュールの1つの共通規格となっている。モジュールのサイズは小さ目であり、2つのAPI500モジュールをまとめて1Uのラックマウントとするフレームもある。

元々APIオーディオ社の独自規格であったが、2006年に「VPRアライアンス」として公式に他社も参入が可能な共通規格となった。現在では多くの会社がこの規格に沿って「API500互換」あるいは「VPRアライアンス規格」のモジュールを開発している。

引用元http://www.g200kg.com/jp/docs/dic/api500.html

利点

1:自分の好きなモジュールを選択し、ランチボックスに自由に組み込める
2:持ち運びが簡単!
3:ラックタイプのものに比べ価格を抑えられる

個人的に私が思う利点はこの辺りでしょうか。
専用の電源がまず必要になりますが、ギターやマイクでしたらモノラルのマイクプリを一つとEQ,コンプを買う(それでも総額30~40万円)はいきますがラックを買うよりはるかにコストを抑えられます。
それでいてアウトボード特有の恩恵も得られますので是非ともこれは欲しい!!

CHANDLER LIMITED Germ 500 mk2

f:id:shima_c_umeda:20160805191613j:plain
f:id:shima_c_umeda:20160812133228p:plain
音の傾向はとにかく柔らかい。Hiが綺麗に落ちてくれるので耳に痛くなく、個人的にはかなり好きな音でした。
マスタリングのときの隠し味や、Kemper,AXE等のデジタルプロセッサー、シンセの後にかましてあげると気持ちいいだろうなと思いました。

Vintech Audio 573

f:id:shima_c_umeda:20160805191617j:plain
f:id:shima_c_umeda:20160812161947p:plain
個人的に若干固めなサウンドだなと思いました。ゲインを上げたときと上げないときで協調する部分が変わるので面白い。
録音時にかましておくとミックスの時に使いやすそう。自然に抜けてくれる感じがします。
(ちょっとノイズが多く入っちゃいました。。申し訳ございません。)


WES Audio DUE-PRE

f:id:shima_c_umeda:20160805191811j:plain
f:id:shima_c_umeda:20160812161758p:plain
一番使い方が難しかったのがこの「DUE-PRE」。NeveっぽいサウンドとAPIっぽいサウンドを切り替えることができるのでお得なのですが、このDUE-PRE、ゲインつまみがついているのですがアウトプットつまみがないんです。代わりにインプットとアウトプットにそれぞれPadボタンがついてますので、これを使って音の調整を行います。
個人的にAPIモードで使用したときのほうがパンチがあっていいなと思いました。

※諸事情によりギターのみNEVEモードのみの音源となっております。

オーディオ・インターフェース(Apogee PTQuartet使用)

皆様、違いがお分かりになったでしょうか。PTQuartetもいい音するんですが単体マイクプリと比較すると音が軽く、硬く感じます。



店頭のシンセサイザーに接続して試してみました

f:id:shima_c_umeda:20160812133231p:plain

繋いで試してみると、スピーカーが変わったのかと思えるようなサウンドの変化がありました。
当店HS5なのですが音の出方が明らかに変わります!!


ライブにて使用していただきました!

f:id:shima_c_umeda:20160807202901j:plain
梅田店のDJ、モジュラー担当の阪口にライブでプリアンプを使用していただきました。
CHANDLER LIMITEDのGerm 500 mk2が一番好みの音が出るという事でした!!
私もあの柔らかい感じはものすごく好みです。

今回マイクプリを借りてみて

1週間の短い間でしたが、今APIに興味津々の私からするとすごく勉強になりました!!
いままでは録音やマスタリングぐらいで使うものという認識だったのですが、ギターデジタル機器やシンセサイザーが進化し、クオリティも高くなってきている今アウトボードが再評価されつつあります。本当に幅広いプレイヤーに使える機材なんだなと再認識しました。

昨今どうしてもデジタルだけでは音に限界のあるDTM業界。しかしこのアウトボードを使うことでそのクオリティをもっと高めることができるので音質に悩んでいる方にオススメです。

今後もこうしたアウトボードをご紹介できればと思います。twitterもやってますので是非登録お願いします!
twitter ID:@shima_umeda

この記事を書いたスタッフ

f:id:shima_c_umeda:20160804231636j:plain

デジタル担当の南です。主にスピーカーマイクミキサー等のPA機器、MTRを担当。
ボカロPとして活動もしてます!作曲のことならお任せください。
(ブログは不定期ですが、できるだけすぐにお知らせできたらと思います)

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.