島村楽器 梅田ロフト店 シマブロ

島村楽器 梅田ロフト店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

クラシックギターフェスタ 2014 連動企画!ついに始動!!

クラシックギターの選び方紹介ブログはしめました!!

このページは開催を7月に控えた『クラシックギターフェスタ2014』との連動企画、ビギナーの方のためのクラシックギター指南のページとなっております。

『どう選べばいいの・・・?』 『何が違うの・・・?』などなど、たくさんの疑問、不安を抱えるあなたにきっと役に立つページになるはずです。


第一章 木材

ギターという楽器、ほとんどが木材でできています、そうです、木です。
なのでギターを選ぶ上で『ボディに使われている物の材質』というのは非常に重要な要素のひとつとなります。
そして、本ページの題材にもなっております『クラシックギター』。このクラシックギター、名前のとおりクラシカルな造りとなっております。たくさんのモダンなシェイプのギターがメディアを席巻する中、昔からその形をほとんど変えることなく現在まで愛されている楽器、クラシックギター。なんかもうこれだけでもすごいことですよね!
そして、今回はそのクラシックギターの顔の部分とも言うべき『ボディトップ』(表板)の木材の紹介をしたいと思います。


まずこの『ボディトップ』で大きな音のキャラクターの大部分が決まります。その他にもサウンドキャラクターを左右する要素はたくさんあるのですが、今回はあくまで『入り』なので、まずはここから説明します。
島村楽器 梅田ロフト クラシックギター島村楽器 梅田ロフト クラシックギター
クラシックギターのボディトップの木材は上の写真の2種類が主流です。もっとたくさんありそうなイメージでしたか?そう、実にシンプル、故に奥深い・・・
さて、この写真の二つの木材、名前をそれぞれ写真左から『スプルース(松)』と『シダー(杉)』と言います。正体は松と杉、実はとても聞きなじみのある木なのです。
では大きくこの2種類の違いをご説明いたします。

木材     松     杉
特徴 透明感があるサウンド 明るめのサウンド
音に重量感がある 音のレスポンスが良い
タッチによる音の変化が大きい 高音がやや太く、松より音量がでやすい


大切な部分をザックリご紹介いたしました。もう写真を見てもわかるように見た目も音も全然違うわけです。
このようにギターを形成する色々な部分にこだわりをもって選定することで、あなたにぴったりの一本に辿り着けるわけです。さぁ、ボディトップも大まかな説明だけでもかなりの情報量になっていしまい、第一回目から文字がたくさんで酔ってしまいそうなので、第一回目はこのあたりで終わりにします。
では次回をお楽しみに!

クラシックギターフェスタ2014 7/4~6 梅田店に豪華、稀少なクラシックギターを大量展示!! 演奏会、調整会とイベント盛りだくさん!!

演奏会、調整会のご予約・お問い合わせは

店名 TEL 営業時間 担当
梅田ロフト店 06-6292-7905 10:30~21:00 上崎(ウワサキ) 富田(トミタ)
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.